遺言・相続

遺言・相続Q&A

いわゆる「争続」にならないよう、事前に遺言を作成しておくことをお薦めします。

父の死亡後、遺産の全部を弟に相続させるという内容の遺言が発見されました。兄の私はこれを甘受しなければなりませんか。

弟さんから、法定相続分の2分の1に相当する遺産を取り戻すという遺留分減殺請求をすることができます。

 

母の死亡後、同居していた兄が遺産分割の協議に応じません。遺言はないのに、兄は母の面倒を看ていたのは自分だから、母の遺産を全て受け継ぐ権利があるなどと主張しています。どうしたらよいですか。

確かに被相続人の面倒を看ていた相続人には寄与分が認められることがあります。他方で、もし生前に贈与を受けていれば特別受益としてその分が差し引かれます。結局、話し合いがうまく行かないのであれば、家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てて解決を図ることになります。

 

〒203-0053
東京都東久留米市本町1-5-2グランディール石坂ビル302号室
TEL  042-420-9407
FAX  042-420-9408
弁護士 稲村晃伸
E-mail kitatama-law@khaki.plala.or.jp