成年後見

 成年後見Q&A

高齢化社会において、老後は誰でも不安です。
高齢者の財産を適切に管理する方途を模索します。

認知症の父親の財産を守る方法として、どんな制度がありますか。

お父さんの判断能力の程度によって、成年後見制度、保佐制度、補助制度などがあります。

 

同居している母親の成年後見人になりたいのですが、どうすればよいですか。

お母さんが住んでいる地域を管轄する家庭裁判所に後見開始の審判を申し立てることが必要です

 

後見開始の審判を申し立てるためには、どのような書類を用意しなければならないですか。

 

①申立書のほかに、②申立人の戸籍謄本、③本人の戸籍謄本や戸籍の附票、登記事項証明書、④診断書、⑤成年後見人候補者がいる場合には、その 戸籍謄本や住民票、登記事項証明書、身分証明書などが必要です。

 

〒203-0053
東京都東久留米市本町1-5-2グランディール石坂ビル302号室
TEL  042-420-9407
FAX  042-420-9408
弁護士 稲村晃伸
E-mail kitatama-law@khaki.plala.or.jp