借金・債務整理

借金・債務整理Q&A

借金の返済に苦しんでいる方はお気軽にご相談ください。

消費者金融業者に対する借金があります。返済が滞った場合に執拗な電話による督促を止める方法はありませんか。

弁護士が債務整理を受任した旨の通知を出せば、督促を止めることができます。

 

自己破産を考えていますが、破産することのデメリットは何ですか。

弁護士や警備員などの一定の職業に就くことができなくなります。また、会社の取締役に就任している人は辞任しなければなりません。

 

融業者への借金の返済ができなくなりました。でも、住宅ローンを利用して購入した持ち家を手放したくありません。どうすればよいですか。

小規模個人再生手続において住宅資金貸付債権の特則(民事再生法10章)の適用を受けることで、住宅ローンの残っている自宅を競売に掛けられずに済むことがあります。

 

〒203-0053
東京都東久留米市本町1-5-2グランディール石坂ビル302号室
TEL  042-420-9407
FAX  042-420-9408
弁護士 稲村晃伸
E-mail kitatama-law@khaki.plala.or.jp